main_top
住宅メンテナンスとは
家のメンテナンスはなぜ必要なのでしょうか?
家はどこから傷みはじめるのでしょうか?

家は建築した時から劣化がはじまります。屋外の直射日光や雨、風にさらされている箇所がとくに傷みやすく 屋内よりも劣化はしやすいです。

また、日本は高温多湿な気候で本来は風とおしのよい設計の家だったのですが、最近の家は気密性を高くし 冷暖房を効きやすくしています。

しかし気密性が高ければ逆に湿気対策が必要になります。
築年数が経つごとに梁や床下など、家の重要な部分が傷んでくるのです。
それを放っておけば、家の寿命は格段に短くなります。

そこで定期的なメンテナンスが重要になります。
家が大きく損傷する前に小さな問題を補修すれば建材を交換しなくても家は長持いたします。

日々の生活で気をつけることは、長期間家を留守にしない。
家はできるだけ、換気扇をまわし、窓を開けて通気性をよくする 汚れはすぐ落とすなどですが、定期メンテナンスを心がけ、 また天災のような地震があった後や台風の後などにはメンテナンスを依頼するのもよいと思います。

メンテナンスの相談かこちら
home_maintinance2